自動車保険の補償内容

対人賠償責任を無制限に設定


自動車保険の自賠責は対人賠償責任のみに対応しているので、その補償をするためだったら特に任意保険に加入しなくてもいいと思うかもしれません。しかし自賠責は支払われる保険金に上限が設けられていて、相手を死なせてしまったとしても3千万円しか保険金が下りません。3千万円はかなりの大金のように感じますが、実際に損害賠償として請求される額はそれ以上から数億円になるときもあり、自賠責だけではとても対応しきれないと言えるでしょう。そこで任意の自動車保険においても対人賠償責任保険に入るのが一般的です。補償金額が無制限になるように入っておけば、損害賠償がいくらであっても保険会社から支払ってもらえます。損害を受けた人のためにも必要な保険と言えるでしょう。

車両に損害が出た時に補償


免許取りたての時に自動車を運転すると、慎重に運転していても微妙なコントロールができずにぶつけてしまうケースがあります。ぶつけると言っても自分の自動車や相手に大きな損が出るほどではなく、自動車の方に多少傷がつく程度なので大きな問題はありません。でも傷が気になるなら修理代を出して修理してもらう方がいいでしょう。このときに使える自動車保険が車両保険で、自動車に何らかのトラブルが発生して修理費用などが掛かるときに保険金が受けられます。注意したいのは保険金の請求をすると等級が下がる点で、等級が下がれば将来的に保険料がアップしてしまいます。車両保険に入って修理をしたが保険を使わないケースもあるので、加入するかどうかを十分考えないといけません。