自動車保険の等級

等級が高いほど割引率も大きい


自動車保険の割引率に大きく関わって来るものの1つとして等級が挙げられます。等級は20段階に分かれており、1から20までの数字で表されます。自動車保険を使用した事故の有無によって決まり、1が最低、20が最高です。等級が高い程、保険料の割引率も大きくなりますから、等級は高いに越したことはありません。一方、事故を起こして保険を利用すると、3等級ほど下がるので注意が必要です。1つの事故に付き3等級ダウンですから、1年の内に2回事故を起こし保険を利用すると、次年度は等級が6つ下がった状態での契約になります。等級は1年ごとに更新されるので、1度適用されてしまったら、ずっと同じ等級というわけではありません。1年間、保険を利用する事故がなかった場合には、次年度に1等級上がる仕組みですから、無事故を心掛け、等級を上げることが保険料を抑えることに繋がります。

事故ありの場合の注意点


初めて自動車保険を契約する場合には、6等級から開始となることが多くなります。20段階ある内の1から6等級までは、保険料の割増引率が決められており、事故の有無によって左右されることはありません。けれど、7から20等級までは、事故の有無によって保険料の割引率が変わります。同じ等級でも事故がないほど割引率が大きくなりますので、保険料を抑えたい場合には、等級を高くし、かつ無事故を保つことが大切と言えます。また、事故ありといった扱いになるのは、事故を起こした次年度から3年間です。1年間事故を起こさなければ、等級は1つ上がりますが、事故ありといった扱いは等級が上がっても消えません。事故を起こした翌年から3年間は継続されますから注意が必要です。