自動車保険の相場

相場価格に注目!保険料は同条件でも年齢区分によって変わります


自動車保険の費用は補償内容や等級などによって決まります。補償は手厚くすればするほど費用が高額になるのが基本で、補償内容を選ぶことで年間の保険料を調整できる仕組みになっています。一方の等級は記名被保険者の年齢や過去の事故件数によって変動する部分です。6等級から20等級に分かれており、20等級に近くなるほど毎年の保険料は下がります。こうした条件で各年齢層の年間保険料を車両保険あり、6等級、免許の種類がゴールド、年間走行距離3,000km以下で算出すると、20代ではおよそ11,0000円、保険料が最も下がるとされる40代では7,0000円程度が年間保険料の相場となっています。このように自動車保険の費用は全く同じ条件でも年齢によって負担費用に大きな差が生じるのが特徴です。自動車保険を契約する際にはこうした特徴も踏まえ、賢く契約するようにしましょう。

相場よりも安くなる!契約は補償内容を吟味することが大切


保険料を安く抑えるコツは、補償内容の見直し、親の保険を引き継ぐ、保険会社のサービスを利用するなどの方法を検討することです。とくに車両保険のあり、なしは、年間保険料を左右する大きなポイントとなっています。車両保険の補償は車輛の時価総額を上限とすることになっているので、古い車なら車両保険を思い切ってを外してみるのもよいでしょう。また、同居の親から等級を引き継ぐことでも保険料は安くなります。もし、引継ぎが可能であれば、契約時に忘れずに手続きを済ませておきます。更新時には保険会社を見直すことも大切です。新規契約者には保険料を割り引くサービスなども実施されているので、こうしたサービスも積極的に利用したいところです。以上のようなポイントに注意すれば、20代の人でも年間の保険料は相場よりもずっと安く抑えられます。初めて自動車保険を契約する人は、相場価格と補償の内容をよく見極めてから契約しましょう。